木南晴夏(妹)はブサイクなワキ役ばかり?プロフィールを調査!

引用:http://www.horipro.co.jp/kinamiharuka/

こんにちわ、ゆうのすけです。

 

少し前の作品ですが、20世紀少年に出演していた

木南晴夏さんについて気になったので

調べてみたいと思います。

 

 

スポンサードリンク


木南晴夏さんのプロフィール

出身地:大阪府
生年月日:1985年8月9日
身長:162cm
サイズ:B 80 W 57 H 80 S 24
趣味:食生活アドバイザー3級・パン(パンシェルジュ3級)・

映画鑑賞・読書・ギャラリー巡り
特技:韓国語・英語会話・ダンス・バレエ・日舞
デビューのきっかけ:第1回ホリプロNEW STAR AUDITIONグランプリ

(出典:http://www.horipro.co.jp/kinamiharuka/)

 

お姉さんの清香さんは

プロフィールを公開していないところが

いっぱいありましたが

晴夏さんは、色々とオープンにしていますね。

 

芸能人はたいへんだな~と

思ってしまいます・・(笑)

 

特技で、英語と韓国語を話せるのは、すごいですね。

ドラマ「素直になれなくて」で、上手に韓国語を話したため

韓国人かと噂されたのでしょうか??

あまり上手すぎるのも考え物なのかな?

 

引用:http://matomame.jp/user/giant7/30489413e18cc7919c03/257afdf1ecfd03e7b354

 

出演作品

出演の作品はテレビドラマで100作品程出演されいます。

 

代表作は

風のハルカ(2005年)

 

ダンドリ。~Dance☆Drill~(2006年)

てっぱん(2010年)

勇者ヨシヒコと魔王の城(2011年)

トッカン 特別国税徴収官(2012年)

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(2012年)

シェアハウスの恋人(2013年)

泣いたらアカンで通天閣(2013年)

おふこうさん(2014年)

青山ワンセグ開発~私の部下は50歳(2014年)

太鼓持ちの達人(2015年)

妄想彼女(2015年)

恋の時価総額(2015年)

最後のレストラン(2016年)

せいせいするほど、愛してる(2016年)

(出典:http://www.horipro.co.jp/kinamiharuka/)

 

勇者ヨシヒコは深夜時間帯にやっていたにも

かかわらず、しっかり見ていました。

ゲーム好きには、たまらない設定でした。

 

 

そういえば、!

晴夏さんのお姉さんも登場しているんですよね~

姉妹でテレビに出てしまうなんて、

世の中狭い!!(笑)

いえいえ並々ならぬ努力の、賜物です。

 

映画も、20作品ほど出演されています。

ZOO(2005年3月)20世紀少年 第2章 最後の希望(2009年1月)

20世紀少年 最終章 ぼくらの旗(2009年8月)

ランディーズ(2009年11月)

君が踊る、夏(2010年9月)

犬飼さんちの犬(2011年6月)

綱、引いちゃった!(2012年11月)

百年の時計(2013年5月)

クローバー(2014年11月)

4/猫(ねこぶんのよん)~猫まんま(2015年12月)

知らない、ふたり(2016年1月)

秘密 THE TOP SECRET(2016年8月)

(出典:http://www.horipro.co.jp/kinamiharuka/)

 

映画は、浦沢直樹の作品の

20世紀少年での、小泉響子役はかわいかったです。

 

当時は、かわいい子だな~

と、思ってみていましたが

今回記事を書いて、初めて知りました。

また、みんなに世間知らずだと馬鹿にされるよ~(笑)

 

直近では姉妹の対談もありました。

 

 

スポンサードリンク


ブサイク?について

物語の進行上、何故か変な顔をすることが多いです。

 

引用:https://twitter.com/kinamiharuka?lang=ja

 

キレイな人なのに、本気で変な顔をする

役柄のせいでブサイクと印象がついてしまって

いるのかもしれません。

役者魂かっこよいです(笑)

 

最近は、ドラマや映画へのレギュラー出演ばかりなので

わき役なんていったら、大変失礼でした。

 

まとめ

役柄でブサイクな顔をすることが多い!

レギュラー出演が多くなりワキ役ばかりなんて失礼でした。

役柄のため韓国語を、すらすらと話したため韓国人と間違えられそうでした。

 

いかがだってでしょうか、木南晴夏さんをこれからも応援します!

 

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

木南清香さんの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です