坂本眞一のマンガは画力がすごく!原稿はデジタルで作成!

こんにちわ、ゆうのすけです。

 

漫画家の坂本眞一さんの「イノサン 」が

面白いので坂本眞一さんの作品、経歴などを調べてみました。

引用:http://www4.nhk.or.jp/switch-int/

 

スポンサードリンク


坂本眞一さんのプロフィール

名前:坂本眞一(さかもとしんいち)

職業:漫画家

グランドジャンプで「イノサンRouge」連載中

生年月日:1972年7月19日

出身地:大阪府

受賞歴:

第14回文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞「孤高の人」

文化庁メディア芸術祭 (第17回, 審査委員会推薦作品) 「イノサン」

マンガ大賞 (第8回, 第7位)〔2015年〕 「イノサン」

第18回手塚治虫文化賞ノミネート「イノサン」

出典:https://mangaseek.net/person/2797.html

 

画は迫力があり、キレイです。

はっきり言って、

好みが分かれると思います。(━_━)ゝ

 

引用:http://youngjump.jp/innocent/

 

最初の見た感じでは、

とっつきにくい画だなと感じました。

 

しかし1話でも読んでみると

画のきれいさと、物語の面白さ

すぐに作品に没頭できると思います。(⌒-⌒)

 

経歴ですが、1990年に

週刊少年ジャンプに「キース!! 」で

第70回H☆S賞入選し、同作でデビューしています。

 

今年が2017年ですので

この道の27年の漫画家さんです。

 

師匠は、東京大学物語や、

マジカルたるるーとくんなどの

江川達也先生です。

 

引用:http://slot-news.jp/blog-entry-1733.html

 

あれっ江川先生みたいな

かわいい女の子は出てこないの??( ̄ω ̄;)

 

残念ながら、あのタッチの画は

出てきませんでした。( ̄▽ ̄;)!!

(私のみたのはイノサンだけ)

 

スポンサードリンク


作品一覧

ブラッディ・ソルジャー(集英社ジャンプ・コミックス(短編集))

モートゥル・コマンドーGUY(集英社ジャンプ・コミックス全2巻)

にらぎ鬼王丸(原作:荒仁、集英社ヤングジャンプ・コミックス全5巻)

益荒王(集英社ヤングジャンプ・コミックス全7巻)

一撃(原作:田中誠一 増刊少年サンデー連載・未単行本化)

孤高の人(原案:新田次郎、原作:鍋田吉郎→高野洋、集英社ヤングジャンプ・コミックス全17巻)

イノサン(集英社ヤングジャンプ・コミックス全9巻)

イノサン Rouge(集英社グランドジャンプに2015年12号より連載中)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E6%9C%AC%E7%9C%9E%E4%B8%80

 

作品は、男くさい作品が多い気がします。

男の人の筋肉の描画が迫力あります。

 

イノサンはすでに、完結しているんですね。

その続編を、イノサン Rougeとして連載中です。

なかなか、内容的には子供には見せられない

内容ですね・・・面白いんですけどね・・

 

原稿はデジタル

どの作品から、原稿をデジタル化しているかは

把握しきれませんでしたが

 

イノサンからは、デジタル化して

線をひくところからベタ、影つけなどを

すべてタッチペンで行っています。

 

作画風景(動画)。

Shin-ichi Sakamotoさん(@14mountain)がシェアした投稿 –

 

昔のタッチペンは、感度の問題で

タッチしたところのまわりが

一面太い線になったりしていましたが

 

今のタッチパネルの精度は凄いですね。

あんなに、細い線も書けるなんて!!(ノ゚ο゚)ノ

 

まとめ

画は非常に迫力があり、キレイです。

好みは、分かれます!

 

原稿はイノサンからデジタルで作成!

 

いかがだったでしょうか、坂本眞一さんを

これからも応援します。

 

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です