田中敦詞(副町長)の妻の年収は?奥尻町の職員の平均年収は?

こんにちわ、ゆうのすけです。

 

北海道の奥尻町の議会にて

副町長の嫁が、町職員で高給ということで

副町長の嫁に退職を促していました。

実際の、年収等がどれくらいか、気になったので

調べてみました。

 

スポンサードリンク


奥尻町職員の平均年収

22年度の奥尻町の給与・定員管理等の資料によると

約8億円の人件費が支払われています。

 

そのうち5億円が職員の給与と賞与、色々な手当てに

支払われています。

 

職員の平均年齢は43.3歳で

月額平均は、306,390円です。

 

北海道の業種別の平均月収は

バス運転手で

職員386,526円

民間281,800円です。

 

自動車整備工

職員358,578円

民間269,600円です。

 

1.3倍ほど開きがあります。

 

また、北海道の最低賃金が

現在の直近で平成28年で786円ですが

平成22年では691円でした。

 

これを営業日を月25日計算して

一日8時間働いたとすると

691円×8時間×25日=138,200円です。

 

一概に比較できないですが

3倍近くの開きがあります。

 

これに、賞与が加わると

やはり民間なんかとは雲泥の差で

年収で職員と民間で1.5倍ほど

開きがあります。

 

スポンサードリンク


副町長の嫁の年収

副町長の年齢からして

50~60代と思われます。

 

すると

奥尻町の平均月収が341,708円なので

すくなくともこれ以上はもらっていたと

思います。

 

事務職による、平均年収の記述がなかったので

500~600万円前後は、貰っていたのかと考えます。

 

う~ん、私は夜勤をやらないと

ちっとも稼げないのでうらやましい・・(笑)

 

また、退職を促されたとありますが

退職金の規定は

 

勤続年数   自己都合  定年

勤続20年  23.50月分  30.55月分
勤続25年  33.50月分  41.34月分
勤続35年  47.50 月分  59.28月分
最高限度額  59.28 月分  59.28月分

 

うわー最高60か月近い退職金

町役場でもウハウハですね!!!!

平均月収の34万の基本給で

2040万円の退職金です。

 

十分余生を楽しめそうですね!!

 

副町長の年収は?

ちなみに、副町長の年収は

給与 482,000円

報酬 180,000円

賞与 3.95ヵ月分 1,903,900円

退職金 482千円×3.355×在職年数

 

退職金を除いても

年収で980万円と1千万近いです。

 

まとめ

資料が平成22年と古く事務職による、

平均年収の記述がなかったので

500~600万円前後と推測します。

 

一般の職員の平均年収は

予想をした副町長の嫁さんと

同じ位の収入で級にもよると思うので

平均500~600万円前後と推測します。

 

バブルの時の民間企業は良かったけども

今の時代はやはりお役所のほうが

いいのですね・・・

 

ご覧いただきましてありがとうございます。

参考資料:http://www.town.okushiri.lg.jp/img/files/files_175_1.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です