岩野響の店はHORIZON LABO(ホライズン・ラボ)!障害なんか乗越えろ!

こんにちわ、ゆうのすけです。

 

群馬県桐生市にコーヒー店

「HORIZON LABO(ホライズン・ラボ)」を

開店した岩野響さんについて調べてみます。

 

スポンサードリンク


岩野響さんについて

岩野響さんは、障害の影響で

中学途中の1年生の夏ごろから

勉強と部活の目まぐるしいサイクルに

ついていけなくなり、

学校へ行けなくなってしまったそうです。

 

ここで両親がすごいの一言!!!

無理に、学校に行きなさい!!

と、いうのではなく

 

岩野響さんの自分らしさ

出来ること探しを勧めたそうです。

 

出来ること、自分らしさが

生きていく力に結びつくと

強いのかな~と

自分は感じました!!

 

しかし、自分をバックアップしてくれる

両親の存在がとても

大きかったのではないかなと、思います。

 

勉強する気になれば後からでも

勉強できるし!!

大検だって、定時制だって

やる気になればなんでも出来ます。

 

スポンサードリンク


アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群は自閉症の1種です。

  1. 他の人との社会的関係をもつこと
  2. コミュニケーションをすること
  3. 想像力と創造性

 

以上のような症状で自閉症も同じように

3分野の障害を持っています。

 

アスペルガー症候群は自閉症の1部なので

人前で独り言を言ったりすることは

まれで、一見自閉症にみえない自閉症です。

 

  1. 独特の人付き合い(社会性の問題)
  2. 同年齢の子どもと波長があわない
  3. 積極的すぎることもある
  4. コミュニケーションの問題

 

以上の1~4以外にも、たくさんの

問題が該当します。

 

そのたくさんある中の症状で

岩野響さんは空間をつかむ力が弱く、

黒板の字を書き写せなかったり、

運動が苦手だったりする症状でした。

 

接し方としては

  1. 安全で穏やかな環境
  2. できるだけポジティブに接しましょう
  3. 子どものこだわり、関心事は矯正するより何かに生かす方向で考えましょう

 

症状によって、先生の指示が異なるとは

思いますが、穏やかな生活が

出来ればよいのでしょうか??

現代は忙しすぎます!!!

 

参考資料:http://www.autism.jp/knowledge/whatisas/web-j.html

コーヒーの師匠は?

師匠は2名います。

 

浅煎りの焙煎の師匠は、

群馬県桐生市の「伊東屋珈琲」の古谷哲成さん

 

 

深入りの焙煎の師匠は

東京都南青山の「大坊珈琲店」大坊勝次さん

(現在は閉店してしまっています。)

 

コーヒー豆の焙煎は、

時間や温度で味がまったく変わります

近くに行ったらぜひ飲んでみたいですね!!

 

ちなみに焙煎とは

焙煎(ロースト)とは、

 

コーヒーの生豆を炒る加熱作業のことです。

収穫・精製された生豆は淡緑色をしており、

味も香ばしさもほとんどなく、

この状態では飲むことはできません。

 

焙煎が進むと豆は茶褐色、

さらに黒褐色へと変化していきます。

焙煎によって、豆に含まれる成分が

化学変化を起こし、揮発性の素晴らしい香りや、

苦味、酸味、甘味といったコーヒー独特の

風味が生まれます。

出典:https://www.ucc.co.jp/enjoy/brew/roast.html

 

焙煎の方法

 

まとめ

頑張って下さい!!!

なんか、こんなことしか

思い浮かばないです。

 

いかがだったでしょうか、岩野響さんの

コーヒーで自分と真剣に向き合ってみたいですね。

 

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

師匠の大坊勝次の記事はこちら

 

あと、参考に見た地元の記事が

ありますので紹介します。

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=E5Tl0L0D6D8J&p=HORIZON+LABO&u=www.e-aidem.com%2Fch%2Fjimocoro%2Fentry%2Fdango06

 

写真引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00010001-jomo-l10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です