大坊勝次は大坊珈琲店のオーナー!コーヒー豆の本.セミナーが人気!

こんにちわ、ゆうのすけです。

 

コーヒーの老舗、数多くのファンを

抱える「大坊珈琲店」のオーナー

大坊勝次さんについて調べてみました。

 

スポンサードリンク


大坊勝次さんについて

生年月日:1947年

出身地:岩手県盛岡市

店:南青山の喫茶店「大坊珈琲店」オーナー

 

性格は、インタビューを見ると

物静かな感じの人かと思います。

 

話題が続かなくて、会話が途切れても

無理に話しかけるのではなく

そのまま、話さない。

 

無理に話さなくても、

いい時はありますよね!!

自分も場を取り繕うのに

無理に話題を考えたりとか、ありますね。

 

でも、それは自然じゃないですよね!!

コーヒーに気持ちを載せる!!

なんか、職人気質な感じで

いいですね!! (^○^)

 

また、店主の焙煎からコーヒーを

淹れるまでの無駄のない動きを

見て楽しむ人もいたそうです。

 

コーヒーの味は、かなりの深煎りです。

ここまで深いコーヒーは、

特に38年前の1975年の創業当時は、

どこにもなかったんじゃないかと、

評判でした。

 

スポンサードリンク


大坊珈琲店とは

創業は1975年で、

自家焙煎、ネルドリップという

スタイルを変えずに、また、

内装も変えずに営業していました。

 

しかし、2013年12月にビルの取り壊しにより、

多くのファンに惜しまれつつ閉店しました。

 

閉店時には、思い出を保存しておくために

1000部限定で大坊珈琲店の歴史のつづった

本が制作されました。

現在は飲めないの?

以前に、大坊珈琲店に勤めていた

古屋達也さん(お弟子さん?)のお店が

恵比寿の「COFFEE TRAM」にあります。

 

場所は恵比寿駅西口から徒歩2分ほどの

ところにあります。

日中のみの営業をしていて、

営業時間は10時〜19時です。

 

お店の雰囲気は

凛とした雰囲気やインテリアの種類などは、

大坊珈琲店と、似た雰囲気を感じます。

 

現在は講師

現在は、大学に出向いて

講師をしたり、

焙煎のセミナーを行ったりしています。

 

焙煎のセミナーは、人気が高く

募集をすると、すぐ満席

なってしまうほどです。

 

まとめ

大坊勝次さんのお店は大坊珈琲店は

2013年12月に閉店していましました。

 

本は限定1000冊で出版した本を

改定版として購入することができます。

 

焙煎のセミナーは大変人気

すぐ満席になってしまいます。

 

いかがだったでしょうか、なんだかコーヒーが

飲みたくなってきました。

人生のブレークタイムにコーヒーはいいですね!

 

ご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

15歳でコーヒー店をオープンの記事はこちら

 

写真引用:http://www.shibuya-univ.net/classes/detail/1105/:https://www.1101.com/daibou/2014-07-17.html:https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13001233/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です