兵庫県小野市立小野特別支援学校の教頭の年収を調査!

こんにちわ、ゆうのすけです。

 

懇談会の席で、同僚の歯を折ってしまった、

兵庫県小野市立小野特別支援学校の教頭の

年収を調べてみたいと思います。

 

スポンサードリンク


教頭の年収は?

兵庫県小野市の職員の給与体系は

一般行政職・技能労務職・消防職・

教育職の4種類に分類されています。

 

教頭は、学校ですので

教育職が該当します。

 

平成28年4月1日現在の平均給料は

(資料は平成29年3月作成分)

平均年齢48.2歳に対して

418,611円です。

 

これは、基本給のみで構成される、

給料の金額で、これに各手当がつきます。

 

教頭なので、管理職手当として

教頭級の手当てがつくので、

手当込の平均額があったのですが

これは計算には使いません。

 

ちなみに、手当込の平均給与は

521,611円でした。

 

さて、手当なしの教頭の平均給料額を

求めたいのですが、教頭は59歳なので、

平均年齢48.2歳とは差があります。

 

しかし、資料の中に、初任給と最高給の

記述がないので案分できません。

 

その他の資料としては、

一般行政職・技能労務職・消防職の

経験年数別の10年・20年・25年・30年は

あるのに何で教育職は、無いのかな?

もしかして、あまり待遇がよくないの??

 

仕方がないので、手当なしの

平均給料額418,611円を使って計算します。

 

スポンサードリンク


 

賞与は、年4.20月分です。

ただし、小野市においては、

55歳を超える管理職の支給に対して、

平成22年12月期から△1.5%の

減 額措置を実施しています。

という記述があるので

賞与は

418,611円×4.2ヵ月×0.985=

173万円です。

 

これに、平均給料×12ヵ月=502万円

教頭級の手当て70,000円×12ヵ月=84万円

合計で、年収は759万円です。

 

もとの金額が、48.2歳の平均給料を

使っているので1万円変わると

約16万円ほど変わりますが、

そんなに、かけ離れた数字では

ないかと思います。

 

あと、調べていて不思議に思ったのですが

校長と教頭の、管理職手当は

校長7.5万円で教頭7万円で

5千円しか違わないのですね!!

 

退職金は?

退職金も、残念ながら

42.8歳の平均給料額を

元に計算します。

 

規定では

勤続35年

41.325月分(自己都合) 9.59 月分(定年)

最高限度額

49.59 月分(自己都合) 49.59 月分(定年)

となっていますので

教頭が大卒で22歳で着任したとして

60歳-22歳=38年です。

 

そうなると、最高限度額が適用になり、

定年で退職とすると

49.59ヵ月分で

2,075万円の退職金です。

 

平均給料額なので、もう少し多いのでは

ないでしょうか?

 

まとめ

教頭の年収は、759万円くらいかと

思います。

 

無事に定年退職できれば、

退職金は2,075万円くらいかと

思います。

 

注:各計算は市役所公開の資料に元に

計算していますが、憶測も入っているため

ざっくりの金額になると思います。

 

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

参考資料:http://www.city.ono.hyogo.jp/user/filer_public/b3/ba/b3ba7139-4c3d-4a37-8c02-4bc7a507768d/ren-shi-xing-zheng-gong-biao-h28nian-du-ban-h2903gai.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です