PS4の周辺機器は純正がいい!値段が高いのがネック!

こんにちわ、ゆうのすけです。

 

先日、やっとPS4の本体を購入しました。

そこで、一つしかついていないコントローラーに

ついて、考えてみたいと思います。

 

スポンサードリンク


純正コントローラーの機能

最初に本体を買うと一緒についてくる

純正コントローラーは、普通にゲームを

プレイする際には不自由はないと

一般的には思っています。

 

むかしのファミコン時代などは、

シューティングの連射を目当てに

購入することもありましたが、

最近では値段で考えるようになってしまいました。

 

PS1・2時代は

純正のDUALSHOCKを購入しても

3000円もしなかったような気がします。

(あれっDUALSHOCKはPS2からかな??)

 

PS3からの、コントローラーは

Bluetoothで接続する、無線方式のために

コントローラー自体が高価なものに

なってしまいました。

(5980円税抜き)

 

違う機種ではありますが

WIIUなんかは1万以上します。

 

そんな高価なDUALSHOCKですが、

左のアナログキーが壊れやすい!!

 

やさしく使っていれば

そうそう、壊れないと思うのですが

どうしても、ゲームをプレイ中は

熱くなってしまいます。

 

そうすると、左スティックの操作

圧力が増していきます。

 

ひどいと、DUALSHOCKを投げる!!!

自分だけ??? ∑(ノ▼ο▼)ノ

なので、壊れます!!

 

スポンサードリンク


サードパーティー製

ソニー以外のメーカーからは、

たくさんでています。

 

一番の魅力は、用途によって色々な種類が

あることです。

 

FPS専用・格闘ゲームなどの業務用スティック

レーシング専用・釣り専用?・光線銃(言い方古い?)用

などなどです。

 

一番いいと感じるのは、なが~いケーブルのついた

純正と同じタイプの有線タイプです。

これなら、充電いらずで、入力の遅延もありません。

入力の間隔さえ、気に入ればいいです。

 

そう言えば、わざわざサードパーティ製でなくても

純正をケーブルをつないで使用すれば

有線タイプになりますね。

付属のUSBケーブルではちょっと短いのが残念ですね。

 

まとめ

純正が一番いいが、壊れた時は値段が高くて

困りものです。

 

まだ、本体を持っていないなら

キャンペーンでDUALSHOCKをもらえる

店があります。

あとで買うと、高いのでぜひ見てみてください。

 

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です